天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

親子でうどん作り

2010/02/19 10:49:44
親子でうどん作り
 三豊市詫間町の第3分館公民館(則包弘至分館長)でこのほど、「チャレンジ教室」があり、親子がうどん作りに挑戦した。

 この教室は地域の人とのふれあいや、親子のきずなを深めることを目的に5年前からスタート。多彩な行事が好評を得ている。

 この日は子ども100人、大人80人が参加して各グループに分かれてうどん作り。うどんは粉に水や塩を入れて、混ぜたりこねたり。これを大きなビニール袋に入れて足でよく踏み、打ち粉をした台の上で伸ばして、屏風(びょうぶ)たたみにしたものを包丁で切っていった。

 子どもたちが一生懸命こしらえたうどんはお土産に持ち帰り、地域の人が作ってくれたしっぽくうどんをみんなでおいしく食べた。また、会場の外では年末に予定していたが、インフルエンザの流行で延期となっていた「もちつき大会」も開催され、きねでもちをついたり、丸めたり、昔ながらのもちつきを体験した。

 参加した三好教仁君(12)は「うどんを食べるのは簡単だけど、自分で作るのはすごくむずかしかった」と、できあがったうどんに満足そうだった。         
(前山 由美子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.