天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

青空に映えるヤブツバキ

2010/02/04 13:09:09
青空に映えるヤブツバキ
 まんのう町七箇の山道で、真っ赤に咲くヤブツバキに出合った。久しぶりの冬晴れのもと、青空に映え、さわやかな風情を醸し出していた。

 ツバキ属は世界に約100種あり、日本の野生種をヤブツバキとかヤマツバキとか呼び、多くの園芸品種も栽培されている。

 早春に開く大きな赤い花は、古代の人々に春を告げるめでたい花木としてあがめられ、神聖視されていたとか。

 また万葉集にも「椿」という字のほかに「海石榴」「都婆吉」と書かれ、「つばき」と読み仮名が付されるなど、この花は昔から歌人らの関心が寄せられていたようだ。現在も、俳諧では春の季語となっている。          (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.