天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

本場キムチ作りに挑戦

2010/01/13 13:03:52
本場キムチ作りに挑戦
 まんのう町国際交流協会は1月9日、同町神野のかりん会館で、外国文化講座の一つ、韓国文化講座「キムチ講習会」を開き、主婦ら23人が本場キムチ作りに挑戦した。

 同町在住の韓国人、ユウ・ソンエさんが講師になり、韓国の家庭料理事情を説明。その場で作ったキムチと讃岐うどんを使ったチゲうどんに舌鼓を打った。

 このあと、手作りキムチの素や白菜キムチの作り方の基本を教わった。韓国のキムチは無農薬の白菜にあら塩、昆布、煮干し、シイタケの粉、カツオ、トウガラシ、ニンニクなど自然食品を中心に調理。各家庭それぞれに好みの味を作り出すのが特徴だそうだ。

 韓国ではキムチを一品だけ食べるのではない。はるさめ、ホウレンソウ、生シイタケ、ニンジン、鳥のささ身などを別々に味付けし、混ぜ合わせたものにキムチを添えて食べる「チャプチェ」のように、お好み焼きやうどんに添えたり、豆、納豆、シュンギクなどさまざまな食材と一緒に炊いたり、焼いたりして食べて健康増進に役立てるという。

 見たり、食べたり、聞いたりしながら、ユウさんは「『どうも』という日本語は分からない。日本人は優しいから、はっきり言わないところがあるが、韓国人は白か黒かはっきりしゃべる」など習慣の違いなどを説明していた。

 同講座は毎回人気があり、今回も定員オーバー。2月に開く追加講座では「大根キムチ」を指導する予定。さっそく、受講を申し込んで帰る主婦もいた。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.