天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

堂山展望台にヤマガラ集う

2010/01/12 10:41:14
堂山展望台にヤマガラ集う
 高松市西山崎町の堂山展望台(標高274メートル)周辺でヤマガラ、メジロ、コゲラなど小鳥たちが「ツツピー、ツツピー」「チィッ、チィッ」「ギィー、ギィー」と、にぎやかに飛び交い、登山者たちの心を和ませている。

 「小寒」も過ぎ、日中気温も5度前後と寒い日が続く中、背と腹が赤茶色のヤマガラが、つがいで風をきって飛んでいた。巣箱に入ったり、えさ台をつついたり、プラスチック容器に入った水を飲んで水浴びしたりと、スズメほどの体長のヤマガラは少しもじっとしておらず、元気いっぱいだ。

 容器に水を注ぎ、えさを並べてヤマガラの接近を待っている人、デジカメや携帯でシャッターチャンスをうかがっている人、ただ光景をながめてのんびりと休んでいる人など、自然と戯れる登山者たちの様子は千差万別だ。

 堂山のふもとに住む久利弘幸さん(68)は「昨年9月ごろ、ヤマガラの餌づけに成功した。巣箱や水台などは川部町の高木清さんが作ってくれた」と話す。久利さんも高木さんも堂山登山の愛好家だ。

 堂山は西山崎町、岡本町、国分寺町、中間町に広がる体力づくりや健康維持に努める中高年らの人気スポット。特に展望台から一望できる瀬戸の海や阿讃の山並みなど360度のパノラマは登山者らを感動させているが、そこに、もう一つ小鳥たちの楽しい光景が加わった。         (野網 則子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.