天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

雑煮はあんもち

2010/01/06 11:04:41
 九州で学生生活を送っている長男から「お正月は帰れないから」とメールがきた。家族がそろってお正月を迎えられない寂しさを覚えたが、次に「お雑煮は?」と頭をよぎった。家族そろってお雑煮をいただくのが、わが家の例年の元旦風景。もちろん雑煮は「あんもち雑煮」。長男の大好物である。

 江戸時代「庶民にとって日ごろ味わう事のできない砂糖を、お正月だけでも」と、あんもち雑煮が作られたと言われる。白みそと小豆の甘みの調和が、まろやかでふくよかな味わいのあんもち雑煮。家族円満を願ってダイコン、ニンジンの輪切りを入れた雑煮は全国的にも珍しく、讃岐の郷土料理ともいわれている。

 年末の慌ただしさの中で、あん入りもち、ダイコン、金時ニンジン、煮干し、白みそを準備し、お正月に間に合うように送った。長男から「ありがとう」の電話があった。

 時を同じくして、昨年4月から香川で働き始めた広島出身の職場の同僚と「あんもち雑煮ってどんな味ですか?想像できません」との会話をした。さっそく材料持参で腕を振るった。「白みそとあんこの甘味がマッチしておいしい。病みつきになりそう」とうれしいコメントをもらった。

 雑煮は「清まし汁にまるもち」の人が大半だろうが、あんもち雑煮好きの私としては、一人でもあんもち雑煮のおいしさを伝えられた事にうれしさを感じた。香川の郷土料理・あんもち雑煮のファンが増えればと願っている。(香川 真由美)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.