天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

しめ縄飾り新年祝う

2010/01/05 11:54:51
しめ縄飾り新年祝う
 まんのう町七箇の下原渕自治会のメンバー7人がこのほど、近くの白鳥神社に集まって、あらかじめ作っていたしめ縄に紙垂(しで)を取り付けた。

 新年詣でに備える作業。できあがったしめ縄は、同神社の本殿、幣殿、拝殿、隋神門、しめ柱、鳥居、こま犬、地神社、出雲社などに順次取り付けていった。そのあと、メンバーは広い社殿内を掃いたり拭いたり、寒さをはね返すほど懸命の奉仕で、迎春準備を整えた。
  
 元旦には、朝倉貴光神官を迎え、地区の人たち大勢が参拝。新年を祝い、五穀豊穣(じょう)、家内安全などを願う盛大な歳旦祭が行われた。

 紙垂の取り付け作業は、地区内約150世帯の住民が毎年6世帯ずつ輪番に行い、地域の伝統を受け継いでいる。メンバーの一人は「25年に1回の作業なのに、私はこれで2回も来られた。作業に参加できることは幸せなこと」と喜んでいた。

 戦時中には、勇壮な獅子舞いが披露される秋祭りとともに中断された時期もあったが「このような行事が続くのは、世の中が平和な証拠。地域の伝統として後世に伝えていかなければ」と伝統継承を願うお年寄りの言葉が印象的だった。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.