天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

地球に優しい生活を

2009/12/21 16:42:52
地球に優しい生活を
 「考えよう地球の未来、今私たちにできること」をテーマに環境シンポジウム(善通寺市、財団法人自治総合センター主催)が12月20日、善通寺市の市民会館で開かれ、環境問題に関心のある市民ら約350人が参加した。第1部はタレントの高木美保さんの基調講演、第2部ではパネルディスカッションが行われ、環境保護への理解を深めた。

 高木さんは、98年に栃木県那須高原に移住し、豊かな自然の中でのスローライフを実践しており「自然がくれた人間力」と題して基調講演した。自給自足を目指して有機無農薬農業に取り組んでいる高木さん。田舎暮らしから得た経験から、感じた事や学んだ事を話した。

 子どもたちを田植えに招待して一緒に昔ながらの手植えに挑戦、稲刈りまでの草取り、虫取りなども子供たちに任せたという。「自然の中で遊び、学んで、本当の命の大切さを知ってほしい」と熱弁をふるった。高木さんは、15年前、環境問題に興味を持って以来積極的に活動を展開しており、その知識や情報などを分かりやすく説明し「地球に優しい生活を」と、参加者に訴えた。

 第2部は、善通寺こどもエコクラブを立ち上げた善通寺市環境審議会の井上修会長、菜の花プロジェクトに取り組んでいる香川大学経済学部の古川尚幸准教授、20年前からゴミ分別収集に力を入れている宮下裕善通寺市長に、高木さんを交えパネルディスカッション。それぞれが取り組んでいる環境保護活動の事例を報告しながら活発に意見交換。「一人一人が出来る事から活動を始め、環境や自然を守っていきましょう」と締めくくった。(香川 真由美)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.