天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

国宝の神谷神社を見学

2009/12/21 10:50:11
国宝の神谷神社を見学
 本殿が国宝に指定されている坂出市神谷町の神谷神社をこのほど、歴史好きな女性6人が中尾格宮司の案内で見学した。

 同神社の社殿は弘仁3(812)年、弘法大師の叔父・阿刀大足が造営したと伝えられている。本殿は建保7(1219)年の建立で、桧皮葺(ひわだぶき)の三間社流造ではわが国最古のもの。鎌倉時代初期の代表的建造物として昭和30年に国宝に指定されているそうだ。

 参加者たちは、反り豊かな桧皮葺の屋根を見上げ、その荘厳で優美な姿にうっとり。「上質の木を使った建造物は800年の時代を経てもこのように原形をとどめ、現在に生き続けている」と宮司から説明を受け、6人はますます歴史が好きになったようだ。(高坂 留美)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.