天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

四国村をのんびり散策

2009/12/11 10:43:18
四国村をのんびり散策
 てくてくさぬき「香川の文化遺産 特別公開2009」もいよいよ終盤。普段、車で通り過ぎるポイントで、ちょっとひとやすみして、自分の足で古き良き時代へタイムスリップしてみませんか?

 今回は、文化遺産が語りかける高松市の四国村を散策。敷地内には四国4県から集めた貴重な民具が収められた収蔵庫がある。収蔵庫内で、与島石の石工・那須忠義さん(84)から、当時の道具の説明を受けた。

 少し上り坂を歩いた所に、鍋島灯台退息所(国登録有形文化財)がある。この建物は灯台守の宿舎として利用された日本では珍しい石造りの洋館で、暖炉やピアノも。特に正面の門柱は、与島の花こう岩を使っている。

 当時「水」はとても貴重で、一日の使用量が決められており、雨水を貯めておくタンクなども設置していた。最後に笹野正雄さん(82)から「与島の石切り唄」を披露してもらった。(河上 玲子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.