天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

声と心合わせて音読大会

2009/12/10 10:16:04
声と心合わせて音読大会
 高松市の林小学校(小比賀隆之校長、514人)体育館でこのほど、「第1回校内音読大会」が開かれ、児童たちが声と心を合わせて練習の成果を披露した。

 国語科で学習している物語文や詩の一節をクラス全体で群読したり、音読する大会。仲間作りや読解力、表現力の向上を図ろうと、初めて開催された。

 審査員は校区の連合自治会長やクラブ活動を指導している地域のボランティア10人。保護者70人と一緒に聞き入り、張りのある声や登場人物になりきっての発表に大きな拍手を送っていた。

 クラブ活動でちぎり絵を指導している50代の主婦は「インフルエンザの影響で練習が十分できなかったと聞いているが、素晴らしい発表に感動した。詩っていいな、言葉って大切だなとあらためて思った」と笑顔で話していた。

 審査の結果、上学年の部は6年西組の「雨ニモマケズ」が、また下学年の部は1年西組の「はい、ポーズ」が優勝した。(高松 博子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.