天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

少年法年齢引き下げ反対、日弁連/「必要性ない」との決議採択

2019/06/14 19:21

 日弁連は14日、定期総会を開き、少年法の適用年齢を20歳未満から18歳未満に引き下げる改正に反対する決議を採択した。現行法で18、19歳に対する手続きや保護処分は有効に機能しており「適用年齢を変えなければならない必要性も、他の法律との矛盾も何ら存在しない」と主張している。

 法制審議会では現在、成人年齢を18歳にした改正民法に合わせ、少年法の適用年齢も引き下げるかどうか議論している。

 決議は、18、19歳を少年法上の成人としつつ、20歳以上と区別する新たな処遇制度などを法制審が検討していることに「不公平と適正手続き上の疑義がある」と指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.