天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

小田川の決壊堤防復旧完了、岡山/真備町地区、本格的な出水期前に

2019/06/14 19:03

 復旧工事が完了した岡山県倉敷市真備町地区の小田川の堤防(国土交通省中国地方整備局提供)
 復旧工事が完了した岡山県倉敷市真備町地区の小田川の堤防(国土交通省中国地方整備局提供)

 国土交通省中国地方整備局は14日、西日本豪雨で決壊した岡山県倉敷市真備町地区の小田川の堤防2カ所について、復旧工事が完了したと発表した。本格的な出水期の到来前に一区切りを迎え、担当者は「被災前と比べ、決壊部分は同等以上の機能を確保できた。引き続き、拡幅などで地区の安全を高めていきたい」と説明している。

 決壊したのは、高梁川合流点から上流に3・4キロと6・4キロ地点の左岸。コンクリートブロックや盛り土での原形復旧に加え、決壊範囲の50〜100メートル区間で堤防を約20メートル拡幅する改良工事を実施した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.