天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

日本海の大和堆、今年も警備強化/海保、318隻に退去警告

2019/06/14 18:19

 日本海で北朝鮮漁船とみられる木造船(左)に退去警告する海上保安庁の巡視船=5月(海上保安庁提供)
 日本海で北朝鮮漁船とみられる木造船(左)に退去警告する海上保安庁の巡視船=5月(海上保安庁提供)

 海上保安庁は14日、日本海の好漁場「大和堆」周辺で、北朝鮮漁船による違法操業の取り締まりを強化するため、5月下旬から大型巡視船などを配備したと明らかにした。これまでに延べ318隻に対し、排他的経済水域(EEZ)からの退去警告を出し、うち50隻には放水で対応した。

 海保は2017年から大和堆で警備を強化。昨年からは、時期を早め、イカ釣り漁が本格化する前の5月下旬に大型巡視船などを投入する態勢を取っている。

 海保によると、昨年の同時期と比べ、警告数の件数はほぼ同じだが放水の対象隻数は半減。担当者は「警告した段階で、移動を始めるケースが増えている」と指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.