天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

ローソン店長、団体交渉申し入れ/「24時間営業、見直して」

2019/06/14 18:18

 大手コンビニ「ローソン」のオーナー店長の男性が14日、24時間営業や契約内容の見直しなどを求め、本部に団体交渉を申し入れた。男性によると、妻と2人合わせた月の労働時間は約650時間で、実収入は2人で月40万円程度。時給にすると700円以下となり最低賃金を大きく下回る。

 男性は東京都内で記者会見し、「これだけ働いているのに生活が成り立たない。休みや営業時間を決めることもできず、立場は労働者だ」と訴えた。本部は申し入れに対し、その場で「団交は受けられない」と拒否したという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.