天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

タンカー「乗組員が飛来物目視」/海運会社、機雷や魚雷攻撃を否定

2019/06/14 17:59

 記者会見でタンカーの写真を手に説明する国華産業の堅田豊社長=14日午後、東京都千代田区
 記者会見でタンカーの写真を手に説明する国華産業の堅田豊社長=14日午後、東京都千代田区

 東京の海運会社「国華産業」の堅田豊社長は14日の記者会見で、イラン沖のホルムズ海峡近くで攻撃されたタンカーに関し「乗組員は飛来物でやられたと言っている」と説明した。計2回の攻撃のうち、2回目は乗組員が飛来物を目視していたという。機雷や魚雷による攻撃を受けたとの見方を強く否定した。

 タンカーは当時、パナマ国旗を掲げて運航していた。堅田社長は「よほど精査しないと日本の船と確認できない。日本だからやられたとは考えにくい」とも述べた。

 堅田社長は「攻撃を受けた場所は水面よりだいぶ上。魚雷や機雷であれば海面より上で損害を受けることはない」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.