天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

覚醒剤所持、中国籍の男性無罪/名古屋地裁「合理的疑い」

2019/06/14 17:49

 名古屋市港区の倉庫で昨年10月、覚醒剤約340キロを所持したとして覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の罪に問われた倉庫の借り主で中国籍のフー・ナイクン被告(50)に、名古屋地裁は14日、「覚醒剤が隠されている認識があったか合理的疑いが残る」として無罪判決を言い渡した。求刑は懲役10年、罰金350万円、覚醒剤の没収。

 公判では台湾から輸入され、倉庫に搬入されたタイヤホイールに覚醒剤が隠されていたことを認識していたかどうかが争われた。

 検察側は「模造ホイールの輸入に高額の費用をかけており、違法薬物を扱っている認識があった」と主張していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.