天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

長崎市長射殺から12年/伊藤一長氏、最後の献花台

2019/04/17 09:57

 長崎市長だった伊藤一長氏が拳銃で撃たれた現場で、献花台に花を手向け手を合わせる市職員=17日午前、長崎市
 長崎市長だった伊藤一長氏が拳銃で撃たれた現場で、献花台に花を手向け手を合わせる市職員=17日午前、長崎市

 2007年4月に長崎市長だった伊藤一長氏=当時(61)=が暴力団幹部に射殺された事件から12年となった17日、市は現場のJR長崎駅前の歩道に献花台を設けた。十三回忌の節目を迎え、市は献花台の設置を今回で最後にする。

 伊藤氏は在任中、米ニューヨークの国連本部で開かれた核拡散防止条約(NPT)再検討会議で演説し、核兵器廃絶を呼び掛けるなど平和活動に力を入れた。

 伊藤氏が好きだったというヒマワリの花を、市職員代表として手向けた自治振興課の中野宏美課長は「暴力のない町づくりを進めなければいけない」と話した。市長選の最中で、献花する立候補者もいた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.