天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

熊本・阿蘇山、噴煙続く/観光への影響、心配の声も

2019/04/17 09:21

 気象庁のカメラが撮影した噴煙を上げる阿蘇山=17日午前8時38分
 気象庁のカメラが撮影した噴煙を上げる阿蘇山=17日午前8時38分

 気象庁のカメラが撮影した、ごく小規模な噴火が発生し噴煙を上げる阿蘇山=16日午後7時18分
 気象庁のカメラが撮影した、ごく小規模な噴火が発生し噴煙を上げる阿蘇山=16日午後7時18分

 熊本県の阿蘇山の中岳(1506メートル)で16日に発生したごく小規模な噴火について、気象庁は17日、噴煙は続いているが、新たな噴火は確認されていないと明らかにした。地元からは観光への影響を懸念する声も上がっている。

 気象庁によると、噴煙は16日、一時火口縁上700メートルに達した。17日午前は200メートル程度で「火山活動に大きな変化はみられない」としている。活動状況を把握するため、火口から出るガスの量を調査する。

 阿蘇山の噴火は2016年10月以来。阿蘇市の民宿で働く後藤直美さん(52)は「ゴールデンウイークの客足に影響が出ないか心配だ」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.