天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

合成麻薬、教授は「違法性認識」/松山大卒業生11人関与

2019/04/16 20:09

 麻薬研究者の免許がないのに学生に合成麻薬「MDMA」を作らせるなどして松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)が書類送検された事件で、教授が「違法性を認識していた」と大学の調査に説明していたことが16日、分かった。卒業した11人が合成麻薬の製造に関与した疑いがあることも判明した。

 松山大が記者会見を開き、明らかにした。大学によると、岩村教授の他にも助教と4人の卒業生が書類送検された。

 溝上達也学長は「研究者倫理を順守し、それを指導する立場の職員が必要な免許の申請を怠ったことは極めて遺憾」と述べ陳謝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.