天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

特攻の史実伝承へ、3施設が連携/福岡と鹿児島、共同研究や合同展

2019/04/16 18:21

 特攻関連資料の共同研究などの連携協定を結び、握手する鹿児島県南九州市の塗木弘幸市長(中央)ら=16日午後、南九州市役所知覧庁舎
 特攻関連資料の共同研究などの連携協定を結び、握手する鹿児島県南九州市の塗木弘幸市長(中央)ら=16日午後、南九州市役所知覧庁舎

 太平洋戦争末期の旧陸軍特攻基地で、数多くの関連資料を保管・展示する大刀洗平和記念館(福岡県筑前町)と、知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)、万世特攻平和祈念館(同県南さつま市)の3施設が16日、収蔵資料の共同研究や合同企画展などを巡る連携協定を結んだ。伝え手が減り、記憶の風化が課題となる中で、史実伝承のための協力態勢を整える狙いがある。

 知覧特攻平和会館の朝隈克博館長(57)によると、戦争体験者の減少で資料の重要性は一層高まっている。

 協定は昨年秋ごろ、朝隈館長が発案した。平和施設同士の連携は全国でも珍しいという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.