天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

観光庁、民泊廃業の背景を調査/3・5%、改善策検討も

2019/03/17 15:31

 民泊営業を届け出たものの廃業したケースが増えているため、観光庁が背景調査を実施したことが17日、分かった。廃業は昨年6月の解禁から今年2月までで届け出全体の3・5%に上った。政府は、急増する訪日外国人旅行者の宿泊先として民泊の普及に期待しており、結果を分析し改善策も検討する。

 住宅宿泊事業法(民泊法)が施行された昨年6月15日から今年2月15日までに受理した営業届は1万3660件で、廃業届は474件。廃業届の割合は昨年11月時点で1・9%、今年1月は2・9%と増加傾向だ。

 調査は2月から3月中旬まで、届け出事務を担う自治体に依頼した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.