天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

アカハラで博士号取れずと提訴/元名古屋大院生が賠償求める

2019/03/15 19:53

 不十分な指導などアカデミックハラスメント行為に遭い、博士号を取得できなかったとして、名古屋大大学院医学系研究科(名古屋市昭和区)の院生だった30代の男性が大学と担当の男性准教授に約560万円の賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしていたことが15日、分かった。14日の第1回口頭弁論で、大学側は請求棄却を求めた。

 訴状によると、男性は2012年に大学院に入学し、准教授が指導する研究グループに所属。共著者として記載すべきだった論文から名前を削除されたり、再現性のない実験を論文の内容に組み入れるよう指導されたりしたとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.