天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

副操縦士、大量飲酒で出発遅れ/全日空系エアージャパン

2019/03/15 19:39

 全日空は15日、同日の羽田発香港行き821便に乗務予定だったグループ会社エアージャパンの副操縦士からアルコールが検出され、乗務を交代したと発表した。同便は出発が9分遅れた。

 エアージャパンは別の副操縦士(当時)による飲酒不祥事が2月にあり、国土交通省が厳重注意したばかり。同社は「大変重く受け止めている」としている。

 全日空によると、副操縦士は外国人の40代男性。15日午前0時55分が出発予定だった。副操縦士は13日夜、千葉県成田市の自宅やバーで、330ミリリットルのビールを10本以上と白ワイン2杯を飲酒。14日午前には、赤ワインのボトル1本を飲んでいた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.