天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

過労死遺族「怒り覚える」/勤労統計問題で過少給付

2019/01/11 18:19

 労災で家族を亡くした人が受け取る遺族年金も、支給額の算定に毎月勤労統計が使われている。統計の不適切な調査で支給額が不当に低く抑えられていたことに、遺族は「あまりのずさんさに怒りを覚える」と憤りを隠さない。

 全国過労死を考える家族の会の寺西笑子代表は「国の基準で労災と認められるだけでもハードルが高いのに、ようやく認定されても間違った補償をされていた」と指摘。「15年間も放置されていたことが一番の問題。誰かがおかしいと気付けば声を上げられ、周知されるような仕組みを国は作るべきだ」と訴えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.