天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

宮古新報労組が救済申し立て/「一方的に解雇」不当と

2019/01/11 18:17

 沖縄県宮古島市の宮古新報社屋=11日午後
 沖縄県宮古島市の宮古新報社屋=11日午後

 沖縄県宮古島市で日刊紙を発行する「宮古新報」の労働組合は11日、市内で記者会見し、会社側が一方的に会社清算と解雇を通告したのは、不当労働行為に当たるとして、同日付で県労働委員会に救済を申し立てたと明らかにした。今後、裁判所に解雇無効を求める仮処分を申し立てる方針。

 労組によると、2010年ごろから、座喜味弘二社長による社員へのセクハラ、パワハラ行為が続き、是正を求めていた。改善されず、労組側は昨年11月に社長退任を要求したが、会社側は今月9日に突然、会社清算を通告した。

 座喜味社長は11日、セクハラ、パワハラ行為は「全くのうそ。やってない」と否定した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.