天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

龍谷大教授が学校法人提訴、京都/学生の「未ゼミ」に対応せずと

2019/01/11 17:50

 学生が少人数制の専攻演習(ゼミ)を受講できていない状況を解決するための要望をしたのに、適切な対応を取らなかったとして、龍谷大(京都市)の李洙任・経営学部教授が11日、学校法人龍谷大や同学部長らに165万円の損害賠償を求め、京都地裁に提訴した。

 訴状などによると、経営学部では2年生からゼミを実施。2014年ごろから教員不足などを理由にゼミの開講数は年々減少し、一部の学生が履修できない「未ゼミ」と呼ばれる問題が生じているという。

 龍谷大は「訴状を見ていないので、コメントは差し控える」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.