天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

司法取引適用事件の初公判/元取締役、海外贈賄を否認

2019/01/11 12:46

 司法取引制度が初めて適用されたタイの発電所に絡む贈賄事件で、不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の罪に問われた「三菱日立パワーシステムズ」(MHPS、横浜市)の元取締役内田聡被告(64)は11日、東京地裁(任介辰哉裁判長)で開かれた初公判で「共謀して金銭を供与した事実はない」と述べ、起訴内容を否認した。

 地裁は司法取引の「合意内容書面」を証拠採用した。MHPSが資料を提出し、捜査や公判に協力する代わりに、検察が法人としての同社を起訴しないとの内容。共謀したとされた元執行役員ら2人は、昨年12月の初公判で起訴内容を認めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.