天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

小笠原諸島の西之島で小規模噴火/海保が噴煙を確認

2018/07/12 17:21

 噴煙が上がる東京・小笠原諸島の西之島=12日午後(海上保安庁提供)
 噴煙が上がる東京・小笠原諸島の西之島=12日午後(海上保安庁提供)

 気象庁は12日、東京・小笠原諸島の西之島で、ごく小規模な噴火を確認したと発表した。今後も大きな噴石が飛ぶ可能性があるとしている。

 気象庁によると、12日午後0時24分ごろ、火口付近で茶色の噴煙が上がっているのを海上保安庁の航空機が確認し、気象庁は噴火が起きたと判断した。

 西之島では昨年8月以降、火山活動が低調な状態となり、気象庁は今年6月、火口周辺警報を「入山危険」から「火口周辺危険」に引き下げていた。

 気象庁は12日も、地表の温度の観測の結果、データに変化がないとして、溶岩が噴出するような活動には発展していないとみている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.