天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

厚労省の支援チーム初派遣/岡山、災害時衛生管理で

2018/07/12 12:50

 被害を受けた診療所の職員から被害状況を聞くDHEATのメンバー=12日午前、岡山県倉敷市
 被害を受けた診療所の職員から被害状況を聞くDHEATのメンバー=12日午前、岡山県倉敷市

 大規模災害時の公衆衛生対策を支援する厚生労働省の「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEAT)が12日、西日本豪雨で甚大な被害があった岡山県倉敷市で活動を開始した。厚労省によると、DHEATの派遣は初。被災地で必要な医療情報を収集し、支援団体間の調整役として自治体を支援する。

 今回DHEATとして派遣されたのは、長崎県の医師や保健師ら計5人。倉敷市役所で医療関係者と会議を開き、被害が大きかった同市真備町地区を視察。感染症対策や支援物資の適正な割り振りに関し、保健所に助言するなどして支援に当たる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.