天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

中国公安当局が兵庫の現場視察/16年の留学生切断遺体事件

2018/05/16 17:20

 遺棄現場付近を訪れ、状況を確認する中国公安当局者ら=16日午後、兵庫県伊丹市
 遺棄現場付近を訪れ、状況を確認する中国公安当局者ら=16日午後、兵庫県伊丹市

 兵庫県伊丹市で2016年10月、中国人留学生蔡鎔憶さん=当時(20)=の切断遺体が見つかった事件で、来日中の中国公安当局者が16日、市内の遺棄現場を視察し、県警捜査員から説明を受けた。

 午後1時40分ごろ、黒いスーツ姿の公安当局の8人が日本側の捜査員に案内され、猪名川の河川敷に到着。約20分間にわたり、資料を見ながら遺棄状況について指をさして確認したり、写真撮影したりした。

 捜査関係者によると、県警が殺人と死体遺棄容疑で逮捕状を取った20代の男は中国で身柄を拘束されているが、日中両国間には犯罪人引渡条約がなく、中国の法律に従って処罰されるとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.