天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

編入前から竹島でアシカ猟/1897年ごろ、記録発見

2017/02/17 23:10

 八幡才太郎氏が残した文書。親戚の石橋松太郎氏が竹島でアシカ猟をしていた記述がある(島根県提供)
 八幡才太郎氏が残した文書。親戚の石橋松太郎氏が竹島でアシカ猟をしていた記述がある(島根県提供)

 島根県は17日、1897年ごろに隠岐の島町の住民が、竹島でアシカ猟をしていた記録が見つかったと発表した。竹島を巡っては日韓両国が領有権を主張している。県の担当者は「竹島の島根県編入は1905年で、それより前から日本側が猟をしていたことが分かる資料だ」と話している。

 県によると、記録は隠岐の島町の八幡才太郎氏のもので、晩年の1977年に自分の来歴として作成。その中で、親戚の石橋松太郎氏が「明治30年ごろ、ランコ島(竹島)にメチ(アシカ)取りに人を雇って行きました」と記載されていたほか、アシカを銃で撃ち、皮を塩漬けにしたことなどが書かれていた。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.