天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

「被爆2世」国を初提訴/広島地裁、援護怠り違憲と

2017/02/17 11:20

 広島地裁に向かう「被爆2世」ら=17日午前
 広島地裁に向かう「被爆2世」ら=17日午前

 広島への原爆投下で親が被爆した「被爆2世」22人が17日、国が2世への援護を怠っているのは、幸福追求権などを保障した憲法に反するとして、1人当たり10万円の慰謝料を求める国家賠償請求訴訟を広島地裁に起こした。

 原告側によると、2世への被爆の影響を巡る提訴は初めて。訴訟を通じ、親の被爆が2世の健康に影響していると訴え、現在は2世を対象外としている被爆者援護法の適用を実現させる狙い。

 訴状によると、国は親の被爆による子への遺伝的影響は認められないとしているが、影響があるとの研究もあり、可能性は否定できないと主張。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.