天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

諫早基金、統一回答断念/漁業団体間で賛否割れ

2017/01/12 11:54

 国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の開門問題で、有明海沿岸の福岡、佐賀、熊本の漁業団体の代表は12日、熊本市で会合を開いた。開門に代わる措置として国が示した100億円の漁業振興基金案に対するそれぞれの立場を最終確認。福岡と熊本は賛成、佐賀は反対と意見は分かれ、3県で目指してきた統一回答は断念した。

 開門問題は長崎地裁で和解協議が続いており、地裁は各漁業団体に基金案への賛否を17日までに回答するよう求めていた。会合では、漁業団体の組合長や会長がそれぞれの立場を説明した上で、賛否の回答を補充するために付ける意見書の文面などを検討。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.