天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

津波被害の閖上「まちびらき」/住宅完成、依然空き地も

2019/05/26 11:17

 宮城県名取市閖上地区の「まちびらき」の式典で、風船を飛ばす市民ら=26日午前
 宮城県名取市閖上地区の「まちびらき」の式典で、風船を飛ばす市民ら=26日午前

 東日本大震災の津波で大きな被害に遭った宮城県名取市・閖上地区で26日、「まちびらき」の式典が開かれた。かさ上げされた土地に住宅や商業施設が完成し、町の整備が進んだことを発信する。ただ空き地も多く、今後の町づくりが課題となる。

 山田司郎市長が「閖上の新たなスタートラインに立った。支援に感謝し、未来へ向かって心一つに歩んでいきたい」とあいさつ。住民らが約500個の風船を青空に放ち、お祝いした。

 閖上地区は最大約9メートルの津波に襲われ、住民754人が犠牲になった。防潮堤の建設に加え、土地を約5メートル高くして、市が2014年10月から区画整理事業に着手した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.