天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

心愛さん母に懲役2年求刑/虐待死で傷害ほう助認める、千葉

2019/05/16 22:07

 栗原勇一郎被告(フェイスブックから)、栗原なぎさ被告
 栗原勇一郎被告(フェイスブックから)、栗原なぎさ被告

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=が1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、父勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)は16日、千葉地裁(小池健治裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役2年を求刑し、即日結審した。判決は6月26日。

 なぎさ被告は被告人質問で、勇一郎被告による年末年始の虐待を止めようと「これ以上やめて」と言ったが、床に押しつけられ、暴行を受けたと説明。自身の被害は「振り返ればドメスティックバイオレンスだったのかな」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.