天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

沖縄、本土復帰から47年/対立続く辺野古移設

2019/05/15 08:29

 沖縄県が本土に復帰した1972年5月15日に撮影された那覇市の国際通り
 沖縄県が本土に復帰した1972年5月15日に撮影された那覇市の国際通り

 沖縄県は15日、1972年の本土復帰から47年を迎えた。敗戦後の米軍統治にあらがった人々は「即時・無条件・全面返還」を掲げて、復帰運動を繰り広げた。だが、在日米軍専用施設は約7割が沖縄に集まり、県面積の8%超を占める。令和の時代となっても、基地負担は重いままだ。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡っては、県と政府の対立が続いている。

 玉城デニー知事は辺野古移設に反対し、普天間の県外・国外への移設を求めている。今年2月の県民投票は、辺野古沿岸部の埋め立て「反対」が7割超を占めた。政府は土砂の投入を続けており、3月からは区域を広げている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.