天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

熊本城小天守、再建本格化へ/復旧現場を公開

2019/04/26 11:49

 復旧工事が進められる熊本城天守閣。左は外観工事をほぼ終えた大天守。右は小天守=26日午前
 復旧工事が進められる熊本城天守閣。左は外観工事をほぼ終えた大天守。右は小天守=26日午前

 熊本地震から3年が過ぎ、熊本市は26日、被災した国特別史跡の熊本城で、天守閣や塀の復旧工事現場を報道陣に公開した。高さ約20メートルの「小天守」は、鉄骨の組み替えが完了した。再建が本格化するのはこれからで、元通りの外観になるまで2年近くかかる見通しだ。

 地上4階、地下1階の小天守は、全体が作業用の足場で覆われた状態。鉄筋コンクリートの支えを得て浮いており、今年に入りようやく、石垣の修復が始まった。

 国が重要文化財に指定する全長約242メートルの「長塀」は、およそ100メートルにわたり崩れた。熊本市の担当者は「元の素材を最大限利用して修復する」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.