天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

世界パラ陸上、神戸開催決まる/21年9月、国内初

2019/04/23 19:40

 神戸市は23日、2021年9月に開かれるパラ陸上の世界選手権の開催地に決まったと発表した。大会は2年に1度行われており、国内初開催となる。

 会場はユニバー記念競技場(同市須磨区)を予定。設備が古くなっているので、市は約2億8千万円を投じて車いす用の観客席や補助競技場などを改修。約100カ国から選手約1400人の参加が見込まれている。

 市によると、16日に国際パラリンピック委員会(IPC)からメールで神戸開催の連絡を受けた。20年に東京パラリンピックが開かれることで、障害者スポーツへの関心が高まっていることが評価されたとみられる。パリも立候補していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.