天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

夫婦別姓、賠償請求退ける/東京地裁は「合憲」と判断

2019/03/25 14:07

 東京地裁に入る「サイボウズ」の青野慶久社長=25日午後、東京・霞が関
 東京地裁に入る「サイボウズ」の青野慶久社長=25日午後、東京・霞が関

 日本人同士の結婚で夫婦別姓を選択できる規定が戸籍法にないのは憲法違反だとして、ソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京)の青野慶久社長(47)ら4人が国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、合憲と判断し、請求を棄却した。

 中吉徹郎裁判長は「夫婦同姓の原則」を定めた民法の規定は合憲で、法律上、異なった姓にならないようにするため、戸籍法が別姓を認めていないことには、合理的な根拠があると指摘した。

 戸籍法の規定では、日本人同士の離婚や日本人と外国人の結婚と離婚では同姓か別姓を選ぶことができる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.