天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

検査食のスープに虫混入/大塚食品、1万8千回収

2019/03/15 04:56

 大塚食品(大阪市)が製造する大腸内視鏡検査のための検査食「ボンコロン」のポタージュスープの一部に虫が混入していたことが15日、同社への取材で分かった。製造過程で混入した可能性があり、販売元の大塚製薬工場(徳島県鳴門市)が約1万8千セットの自主回収を進めている。健康被害の報告はない。

 大塚食品によると、昨年12月と今年1月、別々の医療機関から「虫が混入している」と通報があり、タバコシバンムシの幼虫と確認された。いずれも賞味期限は9月17日だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.