天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

東京・霞ケ関駅で危険物所持検査/実証実験、改札に装置

2019/02/22 20:48

 東京メトロ霞ケ関駅での実証実験で使用されるボディースキャナーで検査した際の画面のイメージ。腹部付近の服の内側に物があるのが分かる(コーンズテクノロジー提供)
 東京メトロ霞ケ関駅での実証実験で使用されるボディースキャナーで検査した際の画面のイメージ。腹部付近の服の内側に物があるのが分かる(コーンズテクノロジー提供)

 国土交通省は22日、東京都千代田区の東京メトロ霞ケ関駅で、乗客の危険物所持検査の実証実験を、3月4〜7日に実施すると発表した。改札内に入る利用者が対象。電磁波で、衣類の内側に隠し持った危険物を検知できるボディースキャナーを使う。日比谷公園方面改札にある一部の改札機の近くに置き、検査を希望しない場合は別の改札機を使ってもらう。

 昨年6月には東海道新幹線の車内で殺傷事件が発生。国交省は、2020年東京五輪・パラリンピックに合わせたテロ対策として、鉄道の安全強化を急務としており、実験で検査の有効性を探りたい考えだ。同省は「まずは取っ掛かりの実験」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.