天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

北海道の自民支部脅迫で無罪判決/釧路地裁「第三者の可能性」

2019/02/20 20:22

 北海道北見市の自民党支部に「爆破する」などと記した手紙を送り付けたとして、脅迫罪で在宅起訴された愛媛県西予市の男性被告(32)の判決で、釧路地裁北見支部(安木進裁判長)は20日までに「被告以外の第三者が手紙を送った疑いが払拭できない」として無罪を言い渡した。14日付。

 判決などによると、被告は帯広畜産大大学院に通っていた2014年12月〜15年3月、北見市の自民党北海道第12選挙区支部の事務所に「選挙期間中に現金を配布した証拠を持っている。明るみにしたくなければ100万円送付しろ」などと記した手紙を3通送り脅迫したとして、17年12月に在宅起訴された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.