天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

点滴中毒死で元看護師起訴、横浜/患者3人殺害の罪

2018/12/07 18:33

 久保木愛弓被告
 久保木愛弓被告

 横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、横浜地検は7日、入院患者の男女3人の点滴に消毒液を混入し殺害したとして、殺人罪などで、当時病院に勤務する看護師だった久保木愛弓容疑者(31)を起訴した。追送検分の男性殺害容疑は不起訴処分とした。

 3カ月間の鑑定留置で、地検は完全責任能力があると判断した。久保木被告は4人以外に「約10人の患者の点滴袋に消毒液を混入させ殺害した」との趣旨の説明をしており、神奈川県警は捜査を継続するが、物証がほとんどないことから立件は困難で、事実上の終結となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.