天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

北朝鮮の木造船漂着、最多の勢い/北海道で急増

2018/11/12 19:59

 北朝鮮から来たとみられる木造船の発見場所(今年分)
 北朝鮮から来たとみられる木造船の発見場所(今年分)

 北海道小平町の砂浜に漂着した北朝鮮からのものとみられる木造船=11日(留萌海上保安部提供)
 北海道小平町の砂浜に漂着した北朝鮮からのものとみられる木造船=11日(留萌海上保安部提供)

 北朝鮮の漁船とみられる木造船の漂着、漂流が日本海沿岸を中心に相次いでいる。海上保安庁によると、今年は95件確認し、中でも北海道が急増している。2013年に統計を取り始めてから最多だった昨年の104件を上回るペースで、海保は警戒を強化。専門家は、日本の排他的経済水域(EEZ)周辺で操業していた漁船との見方を示す。

 海保によると、11月12日正午までに確認された今年の漂着、漂流は95件で、うち5件で計12人の遺体が見つかった。北海道は昨年の年間6件から39件となった。季節風の影響で、木造船の漂着は例年秋から冬にかけて多く、今後さらに増える可能性が高い。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.