天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

航行中の貨物船、乗組員3人死亡/石垣島沖、倉庫内の酸素不足か

2018/11/09 19:37

 沖縄県・石垣島の南西沖を航行中のパナマ船籍の貨物船で9日、倉庫を清掃していたフィリピン国籍の男性乗組員3人が意識不明となり、同県石垣市の病院に運ばれたが、死亡が確認された。石垣海上保安部は、倉庫内の酸素濃度が低下していた可能性もあるとみて、死因などを調べている。

 運輸安全委員会も同日、詳しく調査するため船舶事故調査官2人を指名した。

 海保や安全委によると、3人は26〜59歳。船は「APOLLO KITA」(9642トン)で、木材を積んでマレーシアを出航後、大阪府の港に向かう途中だった。日本人船長(71)を含む計17人が乗っていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.