天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

スバルが10万台リコール/9車種で完成検査不正

2018/11/08 15:02

 販売店に掲げられたスバルのロゴマーク
 販売店に掲げられたスバルのロゴマーク

 SUBARU(スバル)は8日、完成検査で不正があったと5日に発表していた「フォレスター」など9車種計10万764台(1月9日〜10月26日生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 同社では、昨年以降、無資格検査やデータ改ざんなどの問題が相次いで発覚し、社長交代に発展。一時は、不正行為の時期は昨年末までだったと説明していたが、今月5日になり、一転して不正は今年10月まで続き、リコールの手続きを取ると明らかにした。スバルによる一連の検査不正での累計リコール台数は約53万台になった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.