天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

「な、だだば」で詐欺撲滅、青森/難解方言が啓発に一役

2018/09/21 14:45

 高齢者に向けて作られた方言の標語=8月、青森県警本部
 高齢者に向けて作られた方言の標語=8月、青森県警本部

 「な、だだば(おまえ誰だ) 通じなければ 偽息子」。難解で知られる津軽弁や南部弁の標語を使い、青森県警が振り込め詐欺撲滅を呼び掛けている。同県弘前市では小学校前にある交通安全を訴える津軽弁の看板が話題に。方言の親しみやすさや語感の良さが啓発に一役買いそうだ。

 県警は振り込め詐欺を含む特殊詐欺や交通事故の被害が多い高齢者に向けた標語を県警警察官や職員に募集。詐欺部門で2点を優秀作、13点を佳作に選びホームページで公開している。

 県内の特殊詐欺被害は減少傾向だが、工藤昭幸広報課長は「油断はできない。面白いと思ってもらい、さらに防犯意識を高めてほしい」と話す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.