天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

尼崎JR脱線現場の整備完了/遺族献花「前向きに」

2018/09/14 16:46

 整備工事が完了した尼崎JR脱線事故の現場マンション前で、慰霊碑に手を合わせる遺族の上田弘志さん=14日午後、兵庫県尼崎市
 整備工事が完了した尼崎JR脱線事故の現場マンション前で、慰霊碑に手を合わせる遺族の上田弘志さん=14日午後、兵庫県尼崎市

 乗客106人と運転士が死亡した2005年の尼崎JR脱線事故で、列車が衝突した現場マンション付近の整備工事が完了し、遺族が14日、慰霊碑に献花した。長男貴隆さん=当時(33)=を失った兵庫県伊丹市の大前清人さん(76)は「事故からずっと時が止まったままだが、現場が整備されて心が少し前向きになった」と話した。

 JR西日本は事故現場の名称を「祈りの杜 福知山線列車事故現場」とし、慰霊と鎮魂の場と位置付けた。9階建てマンションの4階部分までを階段状に保存し、慰霊碑とともに企業責任や反省の言葉を記した碑文や、犠牲者の氏名を刻んだ名碑を設置した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.