天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

三菱マテリアル3子会社を起訴/前社長2人も、製品データ改ざん

2018/09/12 16:09

 非鉄大手三菱マテリアルグループの製品データ改ざん事件で、東京地検特捜部は12日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の罪で法人としての子会社3社を起訴し、うち2社の前社長を在宅起訴したと明らかにした。

 起訴されたのは三菱電線工業(東京)とダイヤメット(新潟市)、三菱アルミニウム(東京)の3社と、三菱電線の村田博昭前社長(61)=更迭=とダイヤメットの安竹睦実前社長(60)=辞任=の2人。

 不正は昨年11月、三菱マテリアルが公表して発覚。問題製品の出荷先は700社以上に及んだ。同様のデータ改ざんでは、神戸製鋼所も今年7月に不正競争防止法違反の罪で起訴されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.