天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

3・8億円強奪主犯格、一部否認/福岡、初公判「暴行の共謀ない」

2018/09/12 12:04

 昨年4月、現金約3億8千万円が強奪された福岡市中央区の駐車場
 昨年4月、現金約3億8千万円が強奪された福岡市中央区の駐車場

 福岡市中央区で昨年4月、貴金属店勤務の男性から金塊買い付け資金約3億8千万円を奪ったとして、強盗致傷などの罪に問われた会社役員東房義昭被告(45)=東京都葛飾区=は12日、福岡地裁(足立勉裁判長)の裁判員裁判初公判で起訴内容の一部を否認した。現金を奪ったことは認めつつ「暴行の共謀はない」とし、窃盗罪などの成立にとどまると主張した。

 事件では東京や大阪の男ら計10人が起訴され、東房被告は主犯格の一人とされる。

 弁護側は、東房被告は現場におらず「実行グループと計画グループの取り次ぎ役にすぎない」とし、強盗予備罪については無罪を主張した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.